ごあいさつ

 昨年に引き続き、第104回全国図書館大会を東京・国立オリンピック記念青少年総合センターにて開催いたします。東京での開催は、第100回大会以降5回連続となります。
 今日、国においては地方創生、地方分権改革が推進され、さらに「人生100年」時代を見据えた社会の在り方について構想され、とりまとめられました。その中で、すべての人々が生涯を通じて利用し、親しむことのできる図書館への期待がますます高まっています。
 図書館においては資料提供を基本としながら読書活動の振興を担い、同時に地域の情報拠点として人々の出会いの場、コミュニティづくりの核となる施設として、近年注目を集めています。
 一方では、図書館の新たな役割を認識し、市民とともに図書館の成長を進めていくことのできる「専門的職員」としての図書館員の役割も重要視されています。
 今大会は「市民とともに成長する図書館-図書館専門職の力-」をテーマに、新しい時代の図書館の役割を議論し考える大会としてまいります。
 なお、東京での連続開催は今大会でいったん終了となり、次回以降の7年間は全国各地での開催となります。皆様の積極的なご参加をよろしくお願いいたします。