第11分科会 出版流通

テーマ:1990年代から2010年代までの出版流通を総括し、2020年代を展望する                    

                                                                                                                                 午前

報告原稿全文

 1990年代の取次の情報システムや書店におけるPOSシステム導入、2000年代のアマゾンの日本進出といった日本の出版流通における書誌情報・物流情報のデジタル化の歴史的経緯を踏まえ、 2010年代の出版コンテンツのデジタル化の中での出版社、取次、書店のゆくえについて検討を加え、 2020年代の出版流通の方向性と図書館との関係について展望します。

基調講演: 永江 朗(フリーライター、日本文藝家協会理事)
      出版流通の何が変わったのか-1990 年代と2010 年代
報告: 福嶋 聡(ジュンク堂書店難波店店長)
    出版書店業界と図書館界の、長い確執からの脱出
報告: 湯浅俊彦(立命館大学文学部教授)
    図書館の視点から出版流通の変化を考える-貸出重視、整理委託、選書委託、電子図書館